幸せな親子時間に「旬」を届けたい|トイサブ!プランナーインタビュー

f:id:yuki_kos:20210716145433p:plain

服飾専門学校卒業後、ウェディングドレスのコーディネーター・デザイナーアシスタントを経て、百貨店での販売職へ。出産後、飲料販売のお仕事に就きながら、もともと大好きだったおもちゃへの興味と接客の経験の活かせるお仕事を探し、トラーナに入社したももこさん。トイサブ!専属プランナーとして活躍するももこさんに、インタビューを行いました。

トイサブ!のプランナー、どんなきっかけではじめたんですか?

立ち仕事が難しくなってしまったため、対面接客が続けられなくなってしまったんです。でも、接客の経験はいかしたいな、と思い、ちょうど求人にあったトラーナのお仕事に応募しました。

子どものころからおもちゃがもともと、大好きだったんです! 用もないのに、おもちゃを見にトイザらスへ行ったりしていました(笑)

なるほど。そうするとプランナーとしてもすぐ馴染めそうですね。最初から順調でしたか?

はじめは、乳幼児の発達に関してまだ知らないことも多かったので、研修で学びました。私自身は知育玩具についてはそれほど詳しくなかったんです。それと、対面ではない、プランコメントと通した文章での接客に慣れることも最初は課題でした。

今ではプランナーとして慣れているように見えますが……

研修を通して、トイサブ!のプランナーとして成長できました! チームの先輩も親身にアドバイスしてくれました。

最初は難しいと思った文章での接客も、今ではやりがいを感じています。

どんなところにやりがいを感じているのですか?

お子様はもちろん、親御さまの目線も大切にしたコミュニケーションって、とても面白いんですよ。満足していただきたい方が複数いらっしゃる接客は、プランナーならではのもので、工夫しがいがあるんです。

f:id:yuki_kos:20210716123604j:plain
4歳向けプランの一例

ももこさんの工夫の内容、知りたい! プランの時の心構えを伺いたいです。

作っているプランを通してどんな「幸せな親子時間」を実現できるかな、ということを一番大切にしています。私、トラーナの企業理念の「幸せな親子時間を増やそうぜ」という言葉に共感したんですよ。

ご家庭によって幸せな親子時間は違うな、と思っています。例えば保育園に通っているお子様がいたら、夕方家事で忙しいから一人遊びできるおもちゃが欲しいだろうなぁ、と想像するんです。でも、保育園に通っているからこそ、お子様と思いっきり遊べるおもちゃも欲しい、という方もいる。

返却申請時のアンケートを通して、どんな親子時間があるのか想像して、その親子時間にあったプランをお届けできるように努めています。

トイサブ!のプランにも「幸せな親子時間」の理念がしっかり染みているんですね。トイサブ!プランの自慢できることってどんなところですか?

トイサブ!でおもちゃの対象年齢を独自に設定しているところですかね。メーカーさんの設定した対象年齢は安全基準が重視されていることが多いので、危険でない年齢になれば「対象年齢」に含まれてしまうこともあります。

危険でなければ必ずしも楽しめるかというと、そうでもないことが多いんです。0歳9か月から対象のおもちゃを一番楽しめるのは、1歳0か月ごろ、という現象もよくあります。お子様ひとりひとりの発達と、トイサブ!の膨大な過去データから設定した対象年齢を組み合わせて、それぞれのご家庭に合わせたプランをお届けしていることが、一番の自慢です。

なるほど。じゃあ、メーカー対象年齢が1歳0か月のおもちゃを1歳2か月の子に送るからといって、ものたりない、とは限らないんですね。

そうなんです! トイサブ!のおもちゃは最低2か月間、お手元にあるので、一番遊びこめるものを選んでいます。ご家庭に合わせて、おもちゃの旬をお届けしているんです。

おもちゃの旬、いいですね! おもちゃの旬をお届けするももこさんから、トイサブ!のお客様へお伝えしたいことはありますか?

トイサブ!を自由に活用してほしいな、と思っています。おもちゃそれぞれには、こう遊ばなきゃいけない、という決まりはありません。説明書やプランシートにもトイサブ!から遊び方を書いていますが、その通りでなくても、お子様と一緒に楽しめることが大切だと考えています。

子どもって、いつも意外な遊び方をするんです。大人にとっては「違う遊び方」かもしれないけれど、遊び方を子どもが創造しているんですよね。子どもの創造力を発見できるお手伝いを、トイサブ!が出来たらいいな、と私は願っています。

おもちゃだけでなく、お子様の創造力の発見も楽しめるようなプランなんですね。

子どもの発想って面白い! と一緒に楽しんでいただけたら嬉しいです。もちろん、お子様にとっても親御さまにとっても楽しめなかったおもちゃがあれば、それはぜひ返却申請時のアンケートでお知らせくださいね。次のプランで改善します!

ももこさんの好きな「トイサブ!おもちゃ」

磁石かんじ盤(くもん出版、トイサブ!対象年齢 2歳6か月)

f:id:yuki_kos:20210716122515j:plain
第2回トイサブ!フォトコンテストで応募いただいた写真

説明書を見ると絵合わせがメインの遊び方のように思えるんですが、うちでは違う遊び方をしていました。

このおもちゃで遊ぶまで、子どもに磁石を触らせたことがなかったので、磁力を楽しませてあげるのがメインでしたね。シール貼り遊びの楽しみにも近いと思います。家具や家にシールを貼られることなく、磁石をぺたぺた貼ったり剝がしたりして楽しんでいました。

もちろん、子どもと会話をしながら、物の名前や色の名前を教えてあげることもできます。お客様に直接おすすめはしていませんが、マグネットを円柱状に長くくっつけて、おもちゃの包丁で切り分けるごっこ遊びもしましたよ(笑)

聞き手・似顔絵:トラーナ広報担当

👇トイサブ!のお申し込みはこちら

toysub.net