「おさがりひろば」へトイサブ!おもちゃの寄付を行いました|SDGsなとりくみ

最近子どもへの教育も盛んになってきた「SDGs」の取り組み。未来をよくするために、私たちができることはたくさんあります。

トイサブ!のおもちゃはお客様へ貸し出しできない状態になると「非運用」という状態で管理され、修理・修繕で再度お貸出しできる状態になったり、同じ種類のおもちゃへパーツを提供することで長く使えるようになったりします。

一方で、どうしても再利用の難しい「非運用」のおもちゃもあり、このおもちゃをどう活用するか、トラーナチームはいつも悩んでいました。ごみとして処分してしまうのは、おもちゃのシェアリングサービス「トイサブ!」をしている私たちとして、なるべく避けたい選択。だけれど、実際問題、再利用のできないおもちゃをずっと保管し続けることもできない……。パーツの足りないおもちゃや、色剥げが大きくなってしまったおもちゃをお客様に送って、がっかりされてしまうことも避けたい……。

そこで今回、「非運用」のおもちゃで再利用のできないおもちゃのうち、清潔面での問題のないおもちゃを、「おさがりひろば」というベビー&キッズ用品交換会へ寄付し、参加者へ提供いたしました*1

hand-me-down.localinfo.jp

サイズアウトしてしまった服、もう興味を示さないおもちゃや絵本、まだまだ使えるベビー&キッズ用品ありますよね?

それを今のお子さまに必要なものに交換できるイベントです。 (「おさがりひろば」Webサイトより)

都内で月に一度ほど、予約制で開催されている「おさがりひろば」。新型コロナウィルス感染拡大防止のための事前予約枠は、今回開始4分で埋まってしまったのだとか! インスタグラム等のSNSで、徐々に人気が広まっているのだそうです。

f:id:yuki_kos:20210416110144p:plain
高円寺での開催の様子(2021年4月13日)

とてもかわいい子ども服もあり、「私の娘の着られなくなった(けどかわいくて捨てられない)服も提供したいな……」と思い出すきっかけにも。 現在は主に3名のスタッフさんと、ボランティアのメンバーさんで運営しているそうです。お話を聞かせてくださった方も、小さなお子さんのいる明るくやわらかな親御さん!

トイサブ!から提供したおもちゃは無事にどなたかの手に渡ったか伺ったところ、開始30分ほどで多くのおもちゃが新しいおうちに迎えられた様子。トイサブ!で活躍が難しくなっても、ひとつひとつのご家庭でまだまだ活躍できるおもちゃもあると思っていたので、私たちも一安心です。

「おさがりひろば」は今後も都内を中心に、東高円寺や品川での開催を予定しているとのこと。「おさがりひろば」以外にも、各都道府県でベビー・キッズ用品の交換や譲渡のイベントがあるようなので、自分の生活にあったイベントに参加してみるのもいいかもしれませんね!

トイサブ!は利用するだけでちょっぴりSDGsな取り組みができるサービスだと自負していますが、「非運用」のおもちゃの活躍を今後も探っていき、子どもたちの未来がさまざまな観点でよりよくなるよう取り組んでいこうと決意できた、「おさがりひろば」への寄付でした。

*1:今後の提供については未定のため、トイサブ!カスタマーサポートへのお問い合わせはご遠慮いただければ幸いです。非運用のおもちゃの寄付等に関する団体様からのお問い合わせは、トラーナお問い合わせフォームよりお願いいたします:CONTACT | Torana, Inc - 株式会社トラーナ