幸せな親子時間に「旬」を届けたい|トイサブ!プランナーインタビュー

f:id:yuki_kos:20210716145433p:plain

服飾専門学校卒業後、ウェディングドレスのコーディネーター・デザイナーアシスタントを経て、百貨店での販売職へ。出産後、飲料販売のお仕事に就きながら、もともと大好きだったおもちゃへの興味と接客の経験の活かせるお仕事を探し、トラーナに入社したももこさん。トイサブ!専属プランナーとして活躍するももこさんに、インタビューを行いました。

トイサブ!のプランナー、どんなきっかけではじめたんですか?

立ち仕事が難しくなってしまったため、対面接客が続けられなくなってしまったんです。でも、接客の経験はいかしたいな、と思い、ちょうど求人にあったトラーナのお仕事に応募しました。

子どものころからおもちゃがもともと、大好きだったんです! 用もないのに、おもちゃを見にトイザらスへ行ったりしていました(笑)

なるほど。そうするとプランナーとしてもすぐ馴染めそうですね。最初から順調でしたか?

はじめは、乳幼児の発達に関してまだ知らないことも多かったので、研修で学びました。私自身は知育玩具についてはそれほど詳しくなかったんです。それと、対面ではない、プランコメントと通した文章での接客に慣れることも最初は課題でした。

今ではプランナーとして慣れているように見えますが……

研修を通して、トイサブ!のプランナーとして成長できました! チームの先輩も親身にアドバイスしてくれました。

最初は難しいと思った文章での接客も、今ではやりがいを感じています。

どんなところにやりがいを感じているのですか?

お子様はもちろん、親御さまの目線も大切にしたコミュニケーションって、とても面白いんですよ。満足していただきたい方が複数いらっしゃる接客は、プランナーならではのもので、工夫しがいがあるんです。

f:id:yuki_kos:20210716123604j:plain
4歳向けプランの一例

ももこさんの工夫の内容、知りたい! プランの時の心構えを伺いたいです。

作っているプランを通してどんな「幸せな親子時間」を実現できるかな、ということを一番大切にしています。私、トラーナの企業理念の「幸せな親子時間を増やそうぜ」という言葉に共感したんですよ。

ご家庭によって幸せな親子時間は違うな、と思っています。例えば保育園に通っているお子様がいたら、夕方家事で忙しいから一人遊びできるおもちゃが欲しいだろうなぁ、と想像するんです。でも、保育園に通っているからこそ、お子様と思いっきり遊べるおもちゃも欲しい、という方もいる。

返却申請時のアンケートを通して、どんな親子時間があるのか想像して、その親子時間にあったプランをお届けできるように努めています。

トイサブ!のプランにも「幸せな親子時間」の理念がしっかり染みているんですね。トイサブ!プランの自慢できることってどんなところですか?

トイサブ!でおもちゃの対象年齢を独自に設定しているところですかね。メーカーさんの設定した対象年齢は安全基準が重視されていることが多いので、危険でない年齢になれば「対象年齢」に含まれてしまうこともあります。

危険でなければ必ずしも楽しめるかというと、そうでもないことが多いんです。0歳9か月から対象のおもちゃを一番楽しめるのは、1歳0か月ごろ、という現象もよくあります。お子様ひとりひとりの発達と、トイサブ!の膨大な過去データから設定した対象年齢を組み合わせて、それぞれのご家庭に合わせたプランをお届けしていることが、一番の自慢です。

なるほど。じゃあ、メーカー対象年齢が1歳0か月のおもちゃを1歳2か月の子に送るからといって、ものたりない、とは限らないんですね。

そうなんです! トイサブ!のおもちゃは最低2か月間、お手元にあるので、一番遊びこめるものを選んでいます。ご家庭に合わせて、おもちゃの旬をお届けしているんです。

おもちゃの旬、いいですね! おもちゃの旬をお届けするももこさんから、トイサブ!のお客様へお伝えしたいことはありますか?

トイサブ!を自由に活用してほしいな、と思っています。おもちゃそれぞれには、こう遊ばなきゃいけない、という決まりはありません。説明書やプランシートにもトイサブ!から遊び方を書いていますが、その通りでなくても、お子様と一緒に楽しめることが大切だと考えています。

子どもって、いつも意外な遊び方をするんです。大人にとっては「違う遊び方」かもしれないけれど、遊び方を子どもが創造しているんですよね。子どもの創造力を発見できるお手伝いを、トイサブ!が出来たらいいな、と私は願っています。

おもちゃだけでなく、お子様の創造力の発見も楽しめるようなプランなんですね。

子どもの発想って面白い! と一緒に楽しんでいただけたら嬉しいです。もちろん、お子様にとっても親御さまにとっても楽しめなかったおもちゃがあれば、それはぜひ返却申請時のアンケートでお知らせくださいね。次のプランで改善します!

ももこさんの好きな「トイサブ!おもちゃ」

磁石かんじ盤(くもん出版、トイサブ!対象年齢 2歳6か月)

f:id:yuki_kos:20210716122515j:plain
第2回トイサブ!フォトコンテストで応募いただいた写真

説明書を見ると絵合わせがメインの遊び方のように思えるんですが、うちでは違う遊び方をしていました。

このおもちゃで遊ぶまで、子どもに磁石を触らせたことがなかったので、磁力を楽しませてあげるのがメインでしたね。シール貼り遊びの楽しみにも近いと思います。家具や家にシールを貼られることなく、磁石をぺたぺた貼ったり剝がしたりして楽しんでいました。

もちろん、子どもと会話をしながら、物の名前や色の名前を教えてあげることもできます。お客様に直接おすすめはしていませんが、マグネットを円柱状に長くくっつけて、おもちゃの包丁で切り分けるごっこ遊びもしましたよ(笑)

聞き手・似顔絵:トラーナ広報担当

👇トイサブ!のお申し込みはこちら

toysub.net

おもちゃのトレンド、私はこう見る! トイサブ!バイヤーの視点から語ってみました

f:id:yuki_kos:20210713112146p:plain こんにちは。「トイサブ!」おもちゃのバイヤーを行っているタケヤマです。

どんな「トイサブ!」おもちゃを仕入れてお客様へ提供するか、というバイヤー業務を担っており、その一環で先日開催されたおもちゃ展示会へ行ってきました。トイサブ!バイヤーの私だからわかる感想もある、とチームメンバーに誘われたこともあり、今日はおもちゃバイヤーとして、2021年のおもちゃの潮流についての感想をお伝えしてみたいと思います!

コロナ禍の「おもちゃ」の役割~おうち時間でもっと「親」が身近に?

f:id:yuki_kos:20210713113726j:plain
第2回トイサブ!フォトコンテストで応募いただいた写真
以前から人気の「パソコン・タブレット」おもちゃ。この一年で在宅勤務の機会が増えたご家庭が多いのか、トイサブ!でもリクエストをいただくことが増えたように感じます。

今年のおもちゃ大賞でも「パソコン・タブレット」のおもちゃは多くノミネートされていて、家で働いている親御さんの姿が子どもにとってより身近になっているようですね。

「ボードゲーム」のおもちゃも注目されており、おうち時間を親子で工夫して過ごす手段に選ばれているようです。トイサブ!でも、ボードゲームのおもちゃで楽しんでいただいたというお声が多く、高年齢のお子さま向けにも導入を進めています!

「デリバリーフード」「キャンプ」……生活様式の変化も反映したおもちゃに注目!

f:id:yuki_kos:20210713113845j:plain
第2回トイサブ!フォトコンテストで応募いただいた写真
2021年おもちゃ大賞の中に、『アンパンマン ジュージューころころ おしゃべりハンバーガー屋さん』(セガトイズ)のようなごっこ遊びおもちゃが含まれていることにも注目。

デリバリーフードやテイクアウトの活用が進んだ結果、ハンバーガー屋さんのモチーフがお子さまにも馴染みやすくなっている傾向にあると考えています。トイサブ!でも、ハンバーガーやピザのようなデリバリーフードをモチーフにしたおもちゃの支持が高くなっている印象があります。

また、アクティビティで「キャンプ」が人気になっているんだなぁ……と、『リカちゃんもくもくジュージューにぎやかバーベキュー』(タカラトミー)を見て改めて感じました! キャンプ人気が高まっていて、キャンプ場の予約も取りにくくなっていますよね。大人をターゲットにした「ハイターゲット・トイ部門」にノミネートされている『FireWood Home』(タカラトミーアーツ)は家でたき火の様子を楽しめる面白いおもちゃです。まさに、キャンプ人気を反映していると思いませんか?

プログラミング必修化の影響? 論理的思考能力への関心が高まっています

2020年度から必修化された「プログラミング」。トイサブ!でも「プログラミングおもちゃ」のような論理思考を必要とする要素(組み立て等)を希望するご家庭が増えています。また、パソコンを利用するということで「タイピング練習をしたい」という親御さんもいらっしゃいますね。

『くみくみスロープ』(くもん出版)のような組み立てるスロープトイの人気もますます高まっています。クーゲルバーン(玉の道おもちゃ)では、将棋の藤井聡太二冠が子どものころに熱中していたという『キュボロ』(キュボロ)も支持を集めており、トイサブ!でも類似のおもちゃをお貸し出ししています。

今年のおもちゃ大賞にもある2021年10月末発売予定の『ころがスイッチドラえもん デラックスキット―スーパー空気砲スイッチ―』(バンダイ)。これは、最近の風潮を捉えたおもちゃだなぁと感じていて、人気のキャラクターとスロープトイという鉄板の組み合わせで人気にならないわけがない! と睨んでいます(笑)。親子で遊べるおもちゃ、というおうち時間ニーズも満たしています。

「共遊玩具」の位置づけが変わった! ユニバーサルデザインが子どもの「ニューノーマル」になるかも

f:id:yuki_kos:20210713113311j:plain
第1回トイサブ!フォトコンテストで応募いただいた写真

ところで、みなさんこの「共遊玩具」という言葉になじみはありますか? 今まで、男児も女児も遊べるおもちゃを「共遊玩具」というカテゴリで呼ぶことが多くありました。

2021年のおもちゃ大賞では「ガールズトイ」「ボーイズトイ」という部門がなくなっています。こういった、おもちゃそのもののジェンダー付け自体が、ここ1,2年で「価値観にそぐわないもの」として撤廃されつつあります。マテル・インターナショナルの「#おもちゃに性別いるのかな」というキャンペーンも記憶に新しいかもしれませんね。

「共遊玩具」に今年ノミネートされたおもちゃは、いずれも、「視覚や聴覚が定型的に発達していない(障がいがある)状態でも楽しめる要素のある」もの。「共に遊べる」の概念が、性別から遊び人の特性に移っている印象を抱きました。

先に例に出した『リカちゃんもくもくジュージューにぎやかバーベキュー』(タカラトミー)も、焼けているかどうかが色合いだけでなく「焦げ目」でも識別できるよう、色覚フリーなデザインが取り込まれています。大賞の『ルービックキューブ ユニバーサルデザイン』(メガハウス)も、色だけでなく手触りで揃える楽しみを味わえるようにデザインされていますね。

こうした「ひと工夫」を施すことで誰でも遊べる玩具になるだけでなく、子どもたちが「どうしてこうなっているの?」と考えるきっかけにもなるかもしれません。幼い頃から、様々な特性の人がいるんだと認識することで、もっとユニバーサルデザインの理解が深まる社会になるのかもしれない、と思うと、とても興味深い傾向を示しているのがこの「共遊玩具」の位置付けだと感じています。

トイサブ!でも、発達のでこぼこに関わらず、ひとりひとりが楽しめるおもちゃをご家庭にお届けできるよう、プランに配慮しています。ユニバーサルデザインが当たり前に広まっている社会が、日本でももうすぐそこまで来ているかもしれない。とても、わくわくする流れです。

トイサブ!バイヤーはよりよいおもちゃをあなたの代わりに見つける仕事

f:id:yuki_kos:20210713113217j:plain
第2回トイサブ!フォトコンテストで応募いただいた写真

こうした展示会に出かけるときに、いつも私達が意識していることがあります。それは、展示会で、面白く楽しめるおもちゃを、親御さんの代わりに見つけてくるのだ、ということです。親御さん皆さんがおもちゃの展示会に出かけることは難しいけれども、私達が代わりにおもちゃを発見し、お届けできるようにすることで、様々なおもちゃとの出会いを生み出すことができるかもしれません。

おもちゃを仕入れるときにはいつも、「ユニークなひと工夫がほどこされているおもちゃ」をお届けしたい、と考えています。ありそうでなかった仕組みのあるおもちゃや、学習要素を楽しんで取り入れられるおもちゃ。もちろん、「トイサブ!にぴったりのおもちゃ」を見つけることは簡単なことではありません。シェアリングサービスで活用できるように、耐久性があることや、クリーニングしやすいことも重要視しています。トイサブ!を通して色んな家庭で楽しめるおもちゃを見つけることが、私達にとっての使命と考え、トイサブ!ユーザーさまの代表として展示会に望む心がけを忘れていません。

コロナ禍にあって、展示会の開催が少なくなってしまったり、海外の展示会へ出かけることが難しくなってしまったりと、私達にとっても困難な局面が続いていますが、新しく取り入れたおもちゃも、以前から定番として活躍しているおもちゃも、トイサブ!というサービスをきっかけに、どのおもちゃもご家庭で活躍できるよう、これからも頑張っていきます!

バイヤーの私から見たおもちゃ展示会やおもちゃ大賞の感想を通して、トイサブ!というサービスについてのご理解にも少しお力になれていれば嬉しいです。

👇トイサブ! お申し込みはこちらから toysub.net

👇おもちゃ大賞は「東京おもちゃショー」のWebページでも確認できます www.toys.or.jp

「くるまでGO!まちなみセット」|トライなオモチャ

「Take Along Tunes Musical Toy」のご紹介を読んでいただいた方ありがとうございます! トイサブ!おもちゃ取材班、またの名をトラーナ広報担当です。

👇前回の「トライなオモチャ」はこちら toraina.com

本日は「くるまでGO!まちなみセット」というおもちゃをピックアップ! 2歳4か月ごろからお送りしているブロック遊び、かたちづくりのおもちゃです。 f:id:yuki_kos:20210705163815p:plain

本格的なブロック遊びへのステップアップにちょうどいい、まちなみを作って遊ぶおもちゃ。タイヤ部分が動いて走らせることもできる車もポイントの一つ。小さなブロックだとまだまだ楽しめないかも……というお子さまと遊ぶのにぴったりなセットです。

f:id:yuki_kos:20210705164505p:plain
柔らかめで安心のブロック

「くるまでGO! まちなみセット」ご活用のユーザーさんからのお声を早速紹介してみます♬

「母親としては選ばないおもちゃですが、子供はすごく興味を持って、父親と一緒にお城を作ったり、車を走らせたり色々なものを作って楽しんでいました!」

自分では選ばないようなおもちゃがお子さまに大好評! という感想もトイサブ!ではよく拝見します。まだ見ぬおもちゃとの出会いをトイサブ!からお届けできることの醍醐味の一つかなぁ、なんて考えています。

「保育園でもよくブロック遊びをするので、その延長でたまに遊んでいました。車にいろいろ乗せて、自前のトミカと仲良く遊ばせていました。」

「車のパーツを特に気に入り、色々と装飾して遊びました。それ以外にも一緒にお城を作るなどして楽しみました。」

2歳になるとお子さまの創造力の発達の様子も楽しみですね。保育園ではおもちゃを贅沢にひとりじめできなくても、トイサブ!のおもちゃなら家で存分に遊べるかも……! 車が好き、お城が面白い、そんなお子さまの「わくわく」を一緒に味わう時間をお届けできているでしょうか……。

「いろいろなものを作って、得意げに何を作ったか教えてくれました。」

「色々な形を作って遊んでいます。まだまだ、楽しめそうなので継続させてください。」

お子さまが何かに熱中しているのを見守る時間ってとても尊いですよね。作ったものを自慢してくれるその笑顔も、幸せな親子時間なんだなぁと感じます。うまく作れずに悔しさを味わっているお子さまには、頑張っているね!とぜひぜひ応援の声をかけてみてください。粘り強くチャレンジする姿、とても素敵です!

「今回送ってくださったブロック(くるまでgo)が楽しそうにずっと遊んでいたので、つみきやブロックなどももっと取り入れていきたいなと思いました。」

トイサブ!でお届けしたおもちゃをヒントに、「こんな遊びも取り入れよう」とご家庭独自のアイデアが生まれると、私たちも嬉しくなります! いろんなおもちゃを試して、お子さまと取り組んでみたい遊びをぜひ、発見してみてくださいね。

このおもちゃ、活用してみたいな……と思った時には、返却申請時に「くるまでGO!まちなみセット」のリクエストもご検討ください。在庫状況によってお応えできない場合には、どうかご容赦いただければ幸いです。「組み立てるおもちゃがいい」「車のおもちゃを試してみたい」というような、おもちゃの役割でのリクエストも考慮いたします。

トイサブ!おもちゃ取材班、また近いうちにおもちゃのご紹介をいたしますので、引き続き、お楽しみいただけますよう🎁

トイサブ!のご利用お申し込みはこちら👇

toysub.net

「Take Along Tunes Musical Toy」|トライなオモチャ

トイサブ!ではユーザーさんからのアンケート回答を通して、さまざまなおもちゃの感想をいただくことができます(いつも記載いただき、ありがとうございます!)。おもちゃコーディネートのプロであるトイサブ!プランナーにとってもたくさんの発見が得られる素敵なコメント。おもちゃひとつとってもいろいろな感想があるんですよ……という世界を少しずつ紹介すべく、トイサブ!おもちゃ取材班はトイサブ!棚の奥地へ出向きました。

本日は「Take Along Tunes Musical Toy」というおもちゃをピックアップ! 0歳9か月ごろのお子さまにお送りすることの多いおもちゃです。

f:id:yuki_kos:20210702145926p:plain

ボタンを押すと音楽が流れて、曲の変更も可能。プレイリストにはトルコ行進曲も入っています。持ち手はラトルのようにいじったり、くるくるしたり、指先の運動にもたのしいおもちゃの、皆さんの感想をご紹介!

「ボタンを押して音楽に合わせて首をふりふりして遊んでいました。」

「光るのを見つめたり、音楽に合わせて手を動かしてたりしていました。」

光や音楽に関心を持って、おもちゃと過ごしてくださっている様子が伝わりますね! さすが、Musical Toy!と声をかけたくなるような嬉しい感想です。

「持ちやすいサイズで、オムツ替えや着替えの時に渡すと大人しくなるので助かりました。」

「子供は好きだったようでちょこちょこ持っていました。」

「お出かけ時に重宝しました。今はもうお出かけしても、おもちゃ以外のことに興味を持つことが多くなったので、お返しいたします。長い間、ありがとうございました。」

大人の手のひらくらいの大きさである特徴が活かされていますね。トイサブ!は届いたときに箱がスカスカにならないようにプランをするよう努めていますが、小ぶりなおもちゃも育児では大活躍。オムツを替えるときになかなかじっとしてくれない悩みも解決してくれていたとは……。そして、このおもちゃと長く遊んでくださったコメントにも心が温まります。

「持ち運べるおもちゃ」というリクエストをいただいて、このおもちゃを送ることもあるようです。車移動の時のお供にも活躍するかもしれませんね!

「ボタンを押すことを覚えてからは音がなるのが楽しいようで必死に遊んでいます。」

「音楽を楽しんだり握りやすくてお気に入りでした!!後半は、自分でボタンを押して、音楽を鳴らせるようにもなり大活躍でした!!」

トイサブ!のおもちゃで嬉しい感想が「こんなことができるようにもなった」という感想です。お子さまの成長が、トイサブ!のおもちゃを通して発見されている……! トイサブ!がなくてもお子さまはもちろん成長をしていくものですが、トイサブ!を通してお子さまの成長の発見のきっかけをお届けできているのだとすれば、それ以上に幸せなことはありません。

このおもちゃ、活用してみたいな……と思った時には、返却申請時に「Take Along Tunes Musical Toy」のリクエストもご検討ください。在庫状況によってお応えできない場合には、どうかご容赦いただければ幸いです。「音楽が鳴るおもちゃがいい」「持ち運べるおもちゃがいい」というような、おもちゃの役割でのリクエストも考慮いたします。

トイサブ!おもちゃ取材班、また近いうちにおもちゃのご紹介をいたしますので、お楽しみいただけますよう🎁

トイサブ!のご利用お申し込みはこちら👇

toysub.net

トイサブ!千葉第三センターの稼働開始から一か月

f:id:yuki_kos:20210630154311p:plain

こんにちは。トラーナ広報担当です。

2021年5月31日より稼働開始した千葉第三センター。もしかすると、トイサブ!のユーザーさんの中には千葉センターからおもちゃが届いた方もいるかもしれません。

千葉第三センターは、トラーナの三つ目の発送拠点。中野区丸山と杉並区高円寺北の都内の2か所の拠点に比べてずっと広いセンターです。面接にいらした方が「広いですね……」とおっしゃるくらいに広い。

トイサブ!をご愛用いただいている方が多くなり、おもちゃの保管棚も、発送スペースももっと必要だ!と判明してからの第三センター開設。「いったいどこに決まるんだろう」と内心やきもきしていた私ですが、千葉センターに何度か足を運ぶうちにすっかり千葉いいな! と思うようになりました。個人的には千葉駅からレンタサイクルで向かうことができるのもとっても嬉しいポイントです。

緊急事態宣言の発令や、なかなか減らない都内感染者数という背景もあり、トラーナメンバーのほとんどが千葉センターに足を運べない状況が続いていますが、いつかトイサブ!のユーザーさんを招待出来たらいいなと夢見ています。(イベントをやって、来ていただけるのかはさておいて……)

千葉センターに所属している新しいトラーナメンバーのみなさんも、合同研修を終えて、期待以上に活躍されています。発送数も想定以上に増えていき、お待たせしないトイサブ!を目指して、ますますチーム一丸頑張っています!

稼働開始から一か月。なんとか、大きな事故やトラブルなく運営をできています。トイサブ!ユーザーさんへこれからもおもちゃを通して新しい発見をお届けできるよう、引き続きご愛用のほどよろしくお願いいたします。

トラーナ代表のちょっとコアな第三センター開設秘話(?)はこちら👇

note.com

note.com

トイサブ!のお申し込みはこちら……👇💛

toysub.net

※トイサブ!のおもちゃの返却先はユーザー様によって異なるため、返却先がわからなくなった場合にはカスタマーサポートまでお問い合わせをお願いします。

お問い合わせ | トイサブ!